CONDENSE LOG

デザイン事務所CONDENSEのブログです

サイトに戻る→

バトりまくりスイム|2018年皆生トライアスロン完走記 第3話

2021.09.27 / トライアスロン

第1話からはこちらから

またまた唐突に再開です。

バトりまくりスイム

皆生トライアスロンは岸から50m?ほど離れたところからのフローティングスタートです。
泳ぎに自信のある人は前へ、逆に自信のない人は岸からスタートする人も結構いたように思います。

『世界一優しいバトルの無いスイムにしましょう。もしも隣の人の手が頭に当たったら心の中で「ありがとう!」って言いましょう!』

そんな開会宣言の直後、午前7時、ついにレーススタートしました!

まずはバトル帯から早く抜け出すためにスタートダッシュします。
1つ目のブイまでは結構バトルのは覚悟していましたが、、、

1つ目のブイを過ぎてもなかなか人が減らずにバトりまくります(汗)

バラモンキングとかならもうある程度人混みを抜けてペースを緩めている距離でも皆生では全然抜けられません。。
やはりガチなトライアスリートばかりだからでしょうか?
買って2レース目のガーミンForathlete945ちゃんが取れてしまわないか心配になるくらい腕を回すたびに人に引っかかる感じでした;;

まあ徐々に抜けられるだろうと思っていたものの、折返しが近づいても状況変わらず。

そのまま折り返してもずっとこのままで、結局3kmずっとバトりながら泳いでしまいました。。

スイムのタイムは53:29。感覚的にはもう少し遅いかな?と思っていたけど案外悪くないタイム。

それだけ皆生のレベルが高いということでしょう。

皆生の出場者、まじ猛者。

一番得意なスイムからこんなに先が思いやられるな。。と思いましたが、その予感は的中するのでした。

つづく